スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍刺青の女 

ひさびさの更新。

映画観てきました。

「ドラゴンタトゥーの女」

スウェーデン版を観た職場の方オススメでして、しあわせのパンと悩みましたが
ほっこり<ドキドキ
でドラゴンタトゥーに。

面白かったですよ。

ミステリーが好きじゃない方。
初デートにはオススメしませんが。

横溝正史の世界を思い出したり。

で、

原作小説読みました。

今日日中はずーーーっと本読み。

作者がジャーナリストなだけあり
社会問題が盛りこまれてるようで
映画のシーンのバッグラウンドが
わかりました。


映画が先か?
原作が先か?

前に実験しました。

ロード オブ ザ リングで。

1話目 映画先
2話目 小説先

で、私の結論。

先が読めるとドキドキが減るから
映画が先!

ということで
3話目 映画→小説→映画

もう読んじゃってるのはしゃーないですがね。

そんなわけで
映画化が決まったので
おあずけの本があるのです。

「テレメア戦記」

もう3年くらい経ちました?

早く映画化してくれ~
スポンサーサイト

エンディング 

沖縄の成人式は盛り上がってますかね?
2度目の成人式は、はりきりたいと思います!!


昨日夜な夜な映画鑑賞してきました。

「エンディングノート」

癌で余命宣告されたお父さんが
自分の人生の最期の段取りを
していく姿をおった
ドキュメント映画です。

監督・撮影は実の娘さん
なので
本当に家族と過ごす時間

恐らく本音に近い言葉
(いくら家族といえど
話せないこともあるでしょうから)

命が何時終るのかは
まったくもってわからないのに
なぜか根拠なく
明日は当たり前にやってくる。

思いがちで。

余命がわかったから
でき得るコトに取り組めるし
大事な人たちと
過ごす時間もあった。

不謹慎かもしれませんが
うらやましい最期だなと
少し思いました。



以前に
「終わり良ければすべて良し」
というドキュメント映画を見ました。
こちらは主に
老人の死がテーマでした。

例えば
自分が年老いて
どうやって死んでいくか
考えたコトありますかね。

北海道は全国でも
自宅看取り率は最下位。
諸事情がありますが
大概病院で最期の時を。

それはそれで
構わないとは思いますが。

特に老人の場合は

何をもって
死とするか?

延命をどうするか?

なんだかその辺りは
タブー視されている
のかも知れませんが
今回のお父さんのように
はっきりさせておくのは
逝く者
残される者
両者にとって
ヨイコトだなと。

余計な負担をかけず
また
次の世代(息子さん)への
引き継ぎ。
高度成長期を支えた
企業戦士の元来の段取り気質
とありましたが
素晴らしい退き際の美。

昔は選択肢が
そもそも少ないですから
悩む余地がなかったですから。

けど現在は
テクノロジーっていうんですか?
恩恵を受けた部分も多々あり
ありがたいなと思いますが
その分うやむやになったコトも
多いですから。

死生観とか
宗教観とか
モロモロ
目に見えないモノ

うーん

年が明けても
電話すらしていない
両親の声でも聞きますか!

ナイスなミドルたち 

エドサリバンショー

江戸サリバンショー

浪花サリバンショー

ナニワサリバンショー

前置きが長くなりましたが
映画
「ナニワ・サリバン・ショー」
観てきましたー!

忌野清志郎さんがチャボさんと
大阪でやっいたラジオ番組キッカケのライブで、沢山のゲストミュージシャンが出演されて、オリジナルや清志郎さんの曲をセッションするという
ゲキアツなライブショー!

ライブの3回分の映像と今回ショーをやるぞというていで小芝居が繰り広げられまして。

笑いと音楽と感動の3点セットでした。

山崎まさよしさん
斉藤和義さん他多数!

矢野顕子さんが出るたび
清水ミッちゃんが登場
などなど
私の笑いツボにジャストフィット!

楽曲への言葉とか私にはとても言い表せません。
音楽と人への愛なんでしょうか?
なんなんでしょうか?

忌野清志郎さん
やはり偉大です。

今活躍のミュージシャンが
本当に清志郎さんが好きで尊敬している気持ち。清志郎さんもお前らが好きだぜ。な気持ちがアレですね。

やはり
愛なんでしょーね。
愛がでちゃうんでしょーね。音楽に。

で、
その音楽を支えるのが
清志郎さんと
ナイスなミドルたち!!

三宅さんのシビれるギターと
あの優し~い微笑みに
キュンとします。

ブーンとほかのライブにはない
存在感のあるベース音!
私の宮古島フレンド
中村きたろうさん!
他多数のミドルたち。

ミドルスゴイです。

当時のラジオ放送も流れました。
清志郎さんがチャボさんに
「コラ ホントにわかってるのか!」
というくだりがあったのですが
ついこないだ
イマ、私の1番身近な
ナイスミドル
ピアニスト朝川繁樹さんが
ソックリ同じフレーズを
酔って言ってました。

ナイスなミドル語録ですね。

朝川さんライブでは
ほとんどしゃべりませんが
帰国後キチンと日本文化になれ
オヤジギャグもたまに放り込んで
きますので、お気軽に話しかけてみてください。

そして
今日家に帰ると
歌仲間のナイスミディ
(女性はミディというらしい)
から贈りものが!

歌生活10年の記念に作った
ミディのCDです!

ステキなんですよ。

音楽を楽しんだり好きな気持ちが
とってもステキで優しいナイスなミディのSさん。

第一声で泣けました。

ホントに。

曲にたいする丁寧で大事な気持ちでしょうか?
Sさんの気持ちでしょうか?
やはり、愛なのでしょうか?

CD宝物にします。
ありがとうございます。

ナイスミドル朝川さんが
「音楽に自分の色んなものがでるよ」
とおっしゃってましたが
その通りだなと改めて
深く実感しました。

Sさんのステキがでてました。

学ぶことの多い
ナイスな世代のミナサマ。

生意気ムダ元気な私ですが
どうか来年も変らぬご愛顧を!

尊敬できる人
大好きな人
がいる自分は
幸せだ。

たまに
黒緑な自分に
吐き気がするけど

チョットでも自分のステキが
届けられるように

ステキなナイスミディに
なれるように

考える子ども 

こないだのライブの時に
対バンのサトウ君が話していた
映画「小さな哲学者たち」
観てきましたー。

幼稚園児が哲学を学ぶんです。
3~5才の子達が
考えて、自分の言葉で話す。
愛、死、自由、違いなど
子供らしく頬えましい回答も
あれば
ドキリとするなような、
深い回答もあり。

子供の可能性と同時に
最近考えてないなーと。

むむむ

違いの回では
赤裸裸に皮膚の色に言及したり
客観的に考えていない分
生の感情はときに辛辣で。

障がい者の父を持つ少女の言葉
「私とパパは違うけれど
お互いのそのままを
愛しているの。」


哲学の後は
ミュージック!!!!

探偵はどこにいる? 

ハイ!

探偵はBARにいました。


映画です。


主演は道産子

大泉洋 

はまり役。

アシスタントは

松田龍平

こちらもイイ味。


???

な謎。

ハラハラ

なアクション。

一番の魅力は!

ソコココの

ユーモア!


小技が随所にあって

面白かった!


まっ私

単純なんで。


最近は映画館でも

おかしい時は

笑う。

ちょっぴり声だして。

すると

ちょっとツラレル人とかもいて

ちょっと盛り上がる。


ススキノが舞台だから

知ってるトコがたくさん

そんなんも

楽しい!

北海道アルアル

な感じとかも○。


第2弾も見よ。


探偵モノ

松田

といえば!

探偵物語。

工藤探偵事務所!

龍平父

松田優作!

「ああ!ナンジャコリャー!!の。」
と後輩。

「んーそれは太陽にほえろだけどね。」私。

「それしかわかりませーん」後輩。


蘇る金狼

野獣死すべし

人間の証明

家族ゲーム

ブラックレイン…

知らんか(T_T)

あばよダチ公

はいいとしても

あまり
女子向きじゃないかー。

私は好きですけど(´ω`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。